指導医・専門医

    日本AKA医学会は1998年より指導医専門医制度を導入しました。

指導医・専門医資格はAKAの治療技術が一定水準以上に達していると当医学会が認めた資格です。



 日本AKA医学会指導医専門医認定基準(抜粋)

受験資格

専門医
 1.日本AKA医学会入会後4年以上経過していること。
 2.日本AKA医学会学術集会に3回以上参加していること。
 3.日本AKA医学会の技術研修会(学術集会技術研修会、地域研修会、試験前
   講習会)に10回以上参加していること。

指導医
 1.日本AKA医学会専門医認定後1年以上経過していること。
 2.日本AKA医学会学術集会に4回以上参加していること。
 3.日本AKA医学会の技術研修会(学術集会技術研修会、地域研修会、指導医
   専門医講習会、試験前講習会)に12回以上参加していること。

試験形式 試験は毎年1回実施する
 専門医:筆記試験・実技試験
 指導医:実技試験
審査料 3万円
認定登録

日本AKA医学会理事長が日本AKA医学会指導医・専門医認定証を交付し指導医・専門医登録簿に登録する。

登録料 6万円
認定期間 5年間とし更新の際には手続きを必要とする。
資格更新 指導医・専門医の認定または前回の更新を受けてから、5年間に日本AKA医学会学術集会に3回以上参加し、次に定める単位を16単位以上取得していることを要する。
指導医・専門医の資格更新には、指導医・専門医講習会を1年に1回以上受講する必要がある。指導医は技術研修会での指導を5年間に2回以上務めることを要する。
技術研修会指導医の単位が不足する場合には、他の余剰単位をもってそれに替えることができる。
資格更新料 6万円
認定単位 (1)学術集会、研修会など
   日本AKA医学会学術集会    参 加:2単位  発 表:+1単位
   日本AKA医学会地域研修会(指導者を含む)         1単位
   指導者講習会                       1単位
   試験前講習会                       1単位
(2)AKAに関連する論文、学会発表、講演など
   日本AKA医学会誌原著論文(筆頭者ほか3名)        1単位
   その他の原著論文     (筆頭者ほか3名)        1単位
   他の学会における発表(筆頭者)、シンポジスト、講演など  各1単位
   総説、単行本の執筆(分担を含む)など          各1単位
(3)その他
   理事、監事、会長、評議員、各種委員会委員、地域研修会幹事
            1年1単位 (但し、重複する場合は、1単位とする)



Copyright:(C)2012 AKA-JAPAN All Rights Reserved.